「アダラート」の名前の由来とは?

「アダラート」(主成分 ニフェジピン)という商品名が、どのような意味から命名されたか、アダラートがどのような作用を持つか、についてまとめました。

「アダラート」の名前の意味

アダラートのアダは、Ader〔_:der〕血管を表し、アダラートのラートはadult 〔ad_lt/lat〕成人を表します。このように、医学用語をコンピュータによって組み合わせて、アダラートと命名されたそうです。(出典:「アダラート」インタビューフォーム)

アダラートの作用

アダラートの主成分ニフェジピンは、全身の血管を拡張させる薬です。アダラートは、血圧を下げたり、心臓の血管が狭くなっておこる狭心症の発作を抑えるために使われます。

ニフェジピンは、血管の収縮をコントロールするカルシウムチャネルというタンパク質の作用を抑えることで、血管を拡張させます。アダラートのような薬を、カルシウム拮抗薬、と呼んでいます。

スポンサードリンク

ニフェジピンの構造式

お薬の名前の由来TOP