×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アプレース

アプレース(杏林製薬、主成分トロキシピド)は、胃潰瘍を治療するための薬です。アプレースは、胃の粘膜を保護する働きを持つプロスタグランジンの量を増やしたり、胃への血流量を増やして、胃潰瘍部分の細胞障害を早く直すための手助けをします。

アプレースの名前の由来
アプレースは、胃潰瘍の治療薬であることから、Adjust(調整する)+place(部分),つまり胃潰瘍部位の修復作用を意味する言葉を組み合わせて、アプレースと命名したそうです。

スポンサードリンク

アプレース(トロキシピド)の構造式
アプレース(トロキシピド)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アプレース

       




プライバシーポリシー