×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オラセフ

オラセフ(グラクソ・スミスクライン、主成分セフロキシム アキセチル)は、さまざまな細菌によっておこる感染症の治療薬です。オラセフは、その構造からセフェム系と呼ばれる抗生物質で、飲み薬にするためにプロドラックという方法を使っています。オラセフは、消化管の酵素によって血液に入りやすい構造へと変化する性質をもっています。これがプロドラックと呼ばれる方法です。オラセフは、細菌の細胞を形作る細胞壁という部分をつくる働きを止めることで、殺菌作用を示します。

オラセフの名前の由来
オラセフはセフェム系抗生物質であり、飲み薬であることから、経口のセフェム(Oral Cephem)系という意味をこめて、Oracef(オラセフ)と命名したそうです。

スポンサードリンク

オラセフ(セフロキシム アキセチル)の構造式
オラセフ(セフロキシム アキセチル)の構造式




お薬の名前の由来TOP「オ」ではじまる薬>オラセフ

       




プライバシーポリシー