オルベスコ

オーアイエフ(大塚製薬、主成分インターフェロンアルファ)は、C型肝炎や慢性骨髄性白血病、腎臓癌治療の用いられる薬です。オーアイエフの主成分であるインターフェロンアルファは、ヒトのリンパ球から分泌されるタンパク質で、免疫機能を高め、ウイルスやがん細胞に対する免疫細胞の攻撃作用を強める働きをもっています。

オーアイエフの名前の由来
オーアイエフを販売している大塚製薬のO(オー)と、インターフェロン(Interferon)のI(アイ)とf(エフ)を取って、オーアイエフと命名されたそうです。
スポンサードリンク





お薬の名前の由来TOP「オ」ではじまる薬>オーアイエフ

       




プライバシーポリシー