×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトテック

サイトテック(科研製薬、主成分ミソプロストール)は、アスピリンに代表される非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAID)の副作用である胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治療するための薬です。NSAIDは、炎症を起こす原因となるプロスタグランジンという物質の産生を減らす作用があります。しかし、このプロスタグランジンは胃を胃酸から守る働きをしているので、NSAIDを長期間飲むとプロスタグランジンによる胃の保護作用が低くなり、胃が傷ついて胃潰瘍となってしまいます。サイトテックは、プロスタグランジンと似た構造を持ち、胃液の分泌を抑えたり、胃や十二指腸の粘膜を丈夫にすることで、胃潰瘍を治療します。

サイトテックの名前の由来
サイトテックは、プロスタグランジンの有するCytoprotection作用(粘膜細胞保護作用)を持っていることから、Cytoprotectionの下線部分をつなげて、サイトテックCytotecと命名したそうです。

スポンサードリンク

サイトテック(ミソプロストール)の構造式
サイトテック(ミソプロストール)の構造式



お薬の名前の由来TOP「サ」ではじまる薬>サイトテック

       




プライバシーポリシー