×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スピリーバ

スピリーバ(日本ベーリンガーインゲルハイム、主成分臭化チオトロピウム水和物)は、慢性気管支炎などの病気で気道が狭くなっておこる呼吸困難の症状を防ぐための薬です、スピリーバは、気道の収縮に関与するムスカリン受容体というタンパク質の働きを抑えることで、気道の収縮を防ぐ薬です。

スピリーバの名前の由来
スピリーバ(Spiriva)は、”バイタリティ,エネルギー,インスピレーション”を想像させる英語のスピリット(Spirit)を表すとともに、Spirivaの Spirは,肺機能検査を表すスパイロメトリー(Spirometory)という言葉も表しており,肺機能に関連する薬であることを意味して、スピリーバと命名されたそうです。

スポンサードリンク

スピリーバ(臭化チオトロピウム水和物)の構造式
スピリーバ(臭化チオトロピウム水和物)の立体構造



お薬の名前の由来TOP「ス」ではじまる薬>スピリーバ

       




プライバシーポリシー