×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セルベックス

セルベックス(エーザイ、主成分テプレノン)は、胃炎のときに生ずる胃の粘膜の炎症や出血を抑えるための薬です。セルベックスは、胃の粘膜を保護する粘液の量を増やしたり、胃粘膜を保護する物質プロスタグランジンを増やしたりして、胃の粘膜を保護する薬です。

セルベックスの名前の由来
セルベックス Selbexのセル は英語のCell「細胞」またはSel(f)「自分自身」を表し、ベックス bexは「刺激する」ことを表し、これらを組み合わせて、「自分自身の細胞を刺激してきたえる」の意味を示すために、セルベックスと命名した。

スポンサードリンク

セルベックス(テプレノン)の構造式






お薬の名前の由来TOP「セ」ではじまる薬>セルベックス

       




プライバシーポリシー