×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セスデン

セスデン(田辺製薬、主成分臭化チメピジウム)は、胃炎や胃潰瘍、膵炎による痛みを止めるための薬です。セスデンは、胃の収縮に関与するムスカリン受容体というタンパク質の働きを抑制することで、胃の収縮を防ぎ、胃の痛みを抑えます。

セスデンの名前の由来
ムスカリン受容体を抑制する薬には、口の渇きなどの副作用が出るのですが、セスデンはこの副作用を持たない薬を目標に開発されました。そこで、副作用を否定するという意味であるSide Effect's Denyの下線部をつなげて、セスデンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

セスデン(臭化チメピジウム)の構造式
セスデン(臭化チメピジウム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「セ」ではじまる薬>セスデン

       




プライバシーポリシー