×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セブンイー

セブンイー(科研製薬、主成分モルシン、ニューラーゼ、ビオヂアスターゼ、オリパーゼ4S、セルラーゼAP3、プロナーゼ、膵臓性消化酵素TA)は、消化不良を治療するための薬です。セブンイーにには、胃で溶けて消化作用をしめす酵素(モルシン、ニューラーゼ、ビオヂアスターゼ、オリパーゼ4S、セルラーゼAP3)と腸で溶けて消化作用をしめす酵素(プロナーゼ、膵臓性消化酵素TA)が含まれていて、消化管の中での食物の消化を助けます。

セブンイーの名前の由来
セブンイーには、モルシン、ニューラーゼ、ビオヂアスターゼ、オリパーゼ4S、セルラーゼAP3、プロナーゼ、膵臓性消化酵素TAという7つの消化酵素(酵素=Enzyme)が含まれていることから、7つのE=セブンイーという名前に命名されたそうです。

スポンサードリンク

セブンイーに含まれている酵素
モルシン、ニューラーゼ、ビオヂアスターゼ、プロナーゼ 、膵臓性消化酵素TA =タンパク質の消化
ビオヂアスターゼ、膵臓性消化酵素TA =でんぷんの消化
ビオヂアスターゼ、オリパーゼ4S、膵臓性消化酵素TA=脂肪の消化
ビオヂアスターゼ、セルラーゼAP3 =繊維素の消化



お薬の名前の由来TOP「セ」ではじまる薬>セブンイー




プライバシーポリシー