×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デパケン

デパケン(協和発酵、主成分バルプロ酸ナトリウム)は、てんかんの発作の治療に使われる薬です。デパケンは、脳の中の神経伝達物質(セロトニン、ドパミン、GABAなど)の働きを調節して、神経活動を抑制することで、てんかんの発作を抑えます。

デパケンの名前の由来
デパケンの主成分であるバルプロ酸ナトリウムの、化学名の一つであるSodium dipropyl acetateの略号であるDPAに由来して、デパケンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

デパケン(バルプロ酸ナトリウム)の構造式
デパケン(バルプロ酸ナトリウム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「テ」ではじまる薬>デパケン

       




プライバシーポリシー