×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二フラン

二フラン(田辺三菱製薬・千寿製薬、主成分プラノプロフェン)は、関節リウマチか腰痛、痛風の痛みや変形性関節症などでの痛みを抑えるための薬です。また、二フランは風邪のときの解熱や手術の後の痛みを止めるためにも用いられます。一方、二フランは目薬としても使われており、結膜炎や角膜炎などの目の炎症を治療するために用いられています。
二フランは、炎症の痛みを生じる原因となるプロスタグランジンという物質の合成を止めることで、炎症によって起こる痛みを取ることが出来ます。


二フランの名前の由来
二フランは炎症を止める作用があることから、英語のNO(否定)とINFLAMMATION(炎症)の下線部を組合わせ「炎症を否定する」という意味を込めて命名されたそうです。

スポンサードリンク

二フラン(プラノプロフェン)の構造式
二フラン(プラノプロフェン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ニ」ではじまる薬>二フラン




プライバシーポリシー