×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブスコパン

ブスコパン(日本ベーリンガーインゲルハイム、主成分 臭化ブチルスコポラミン)は、胃や腸、膀胱などの筋肉の激しい運動や痙攣などによっておこる症状を抑えるための薬です。
ブスコパンは、胃や腸、膀胱の平滑筋の収縮に関与するムスカリン受容体というタンパク質の働きを抑えることで、平滑筋の収縮を抑え、胃や腸、膀胱の激しい運動を抑えます。

ブスコパンの名前の由来
ブスコパンの主成分、臭化ブチルスコポラミンN-butylscopolamineの下線部を組み合わせて、ブスコパンBuscopanと命名したそうです。

スポンサードリンク

ブスコパン(臭化ブチルスコポラミン)の構造式

ブスコパン(臭化ブチルスコポラミン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「フ」ではじまる薬>ブスコパン

       




プライバシーポリシー