×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミオピン

ミオピン(参天製薬、主成分メチル硫酸ネオスチグミン)は、目の中にあるピント調節に関係する筋肉に働いて、調節機能の異常を改善するための薬です。ミオピンは、目の筋肉の収縮をコントロールするアセチルコリンという物質を分解する酵素、アセチルコリンエステラーゼの働きを抑え、目の収縮機能を改善します。

ミオピンの名前の由来
ミオピンは、目のピント調節の異常、たとえば眼精疲労などに使われる薬なので、英語のMyopia(近視)にちなみ、ミオピンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ミオピン(メチル硫酸ネオスチグミン)の構造式
ミオピン(メチル硫酸ネオスチグミン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ミ」ではじまる薬>ミオピン

       




プライバシーポリシー