×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ユニフィル

ユニフィル(大塚製薬、主成分テオフィリン)は、気管支喘息や慢性気管支炎の治療に用いられる薬です。気管支喘息や慢性気管支炎のときには、気管の筋肉が収縮しやすくなっています。ユニフィルは、気管支の筋肉を緩める作用を持つcAMPという物質を分解する酵素「ホスホジエステラーゼ」の働きをとめ、cAMPの量を増やすことで、気管支の筋肉を緩め喘息などの症状を抑えます。またユニフィルには、気管支の炎症を抑えたりする働きもあるといわれています。ユニフィルは、一日一回の服用でよい、作用の長い薬です。

ユニフィルの名前の由来
ユニフィルは1日1回の服用で十分なことから、1日1回(uni)投与のテオフィリン(theophylline)という意味をこめてユニフィルと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ユニフィル(テオフィリン)の構造式
ユニフィル(テオフィリン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ユ」ではじまる薬>ユニフィル

       




プライバシーポリシー