×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アロマシン

アロマシン(ファイザー、主成分エキセメスタン)は、乳がん(閉経後乳がん)の治療薬として使われます。アロマシンは、女性ホルモンによって増殖が進むタイプの乳がんの治療に用いられます。アロマシンは、女性ホルモンが体内で合成されるときに必要な酵素、アロマターゼの働きを抑えることで、女性ホルモンの産生を防ぎ、乳がんの増殖を抑えます。

アロマシンの名前の由来
アロマシンはアロマターゼの働きを不活性化する作用を持つので、aromas(アロマターゼ aromatase)と in(不活性化剤 inactivator)の二つの言葉を組み合わせて、アロマシンと命名したそうです。


スポンサードリンク

アロマシン(エキセメスタン)の構造式
アロマシン(エキセメスタン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アロマシン

       




プライバシーポリシー