×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンギナール

アンギナール(アステラス製薬、主成分ジピリダモール)は、狭心症や心筋梗塞の治療に用いられる薬です。アンギナールが用いられる狭心症や心筋梗塞では、心臓に栄養を送る冠状動脈という血管が狭くなることで、心臓の働きが低下します。アンギナールは、冠状動脈を広げる作用により、狭心症や心筋梗塞での心臓の働きを改善します。

アンギナールの名前の由来
アンギナールは狭心症の治療薬であるため、狭心症を表すAngina pectorisという言葉のアンギナという部分をとって、アンギナールと命名したそうです。

スポンサードリンク

アンギナール(ジピリダモール)の構造式
アンギナール(ジピリダモール)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アンギナール

       




プライバシーポリシー