×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンヒバ

アンヒバ(アボット ジャパン、主成分アセトアミノフェン)は、子供に用いる解熱薬です。アンヒバは、肛門から入れて用いる座薬です。アンヒバは、直腸から速やかに吸収されて、短時間で体温を下げる作用を示します。

アンヒバの名前の由来
アンヒバは子供用の解熱薬なので、解熱を意味するanti-fever(anti;反対、fever;熱) にちなんで、アンヒバと命名されたそうです。

スポンサードリンク

アンヒバ(アセトアミノフェン)の構造式

アンヒバ(アセトアミノフェン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アンヒバ
       




プライバシーポリシー