×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アクトシン

アクトシン(第一三共、主成分ブクラデシンナトリウム)は、弱った心臓の働きを高めるために用いられる薬です。アクトシンは、心臓の細胞の中に入り、心臓の筋肉を収縮させるためのスイッチをONにする役割を持つサイクリックAMPという化合物の量を増やすことで、弱った心臓を収縮させる手助けをします。

アクトシンの名前の由来
アクトシンは、心臓の筋肉の収縮を助ける作用を持つことから、筋の収縮をつかさどるタンパク質であるアクトミオシンにちなみ、アクトシンと命名されたそうです。
スポンサードリンク

アクトシン(ブクラデシンナトリウム)の構造式

アクトシン(ブクラデシンナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アクトシン
       




プライバシーポリシー