「イミグラン」の名前の由来とは?

「イミグラン」(主成分コハク酸スマトリプタン)という商品名が、どのような意味から命名されたか、イミグランがどのような作用を持つか、についてまとめました。

「イミグラン」の名前の意味

片頭痛を表す英単語、Migraineから、イミグランと命名されたそうです。(出典:「イミグラン」インタビューフォーム)

イミグランの作用

イミグラン(主成分 コハク酸スマトリプタン)は片頭痛の治療薬です。片頭痛の原因の一部は頭の中の血管の拡張です。イミグランの主成分であるスマトリプタンは、セロトニン受容体というタンパク質を活性化させて頭の中の血管を収縮させ、片頭痛の発現を抑えます。

スポンサードリンク

コハク酸スマトリプタンの構造式

お薬の名前の由来TOP