「インタール」の名前の由来とは?

「インタール」(主成分クロモグリク酸ナトリウム)という商品名が、どのような意味から命名されたか、インタールがどのような作用を持つか、についてまとめました。

「インタール」の名前の意味

インタールのインタは、妨害するという英単語Interfere、アールは、アレルギー Allergy、を意味し、これらを組み合わせてインタールと命名されたそうです。(出典:「インタール」インタビューフォーム)

インタールの作用

インタール(主成分 クロモグリク酸ナトリウム)は、ヒスタミンをはじめとするアレルギーや喘息を起こす様々な生理活性物質(ケミカルメディエーター)の分泌を抑えるための薬です。気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療に使われます。

スポンサードリンク

クロモグリク酸ナトリウムの構造式

お薬の名前の由来TOP