「イノバン」の名前の由来とは?

「イノバン」(主成分塩酸ドパミン)という商品名が、どのような意味から命名されたか、イノバンがどのような作用を持つか、についてまとめました。

「イノバン」の名前の意味

イノバンの持つ、心臓の筋肉の収縮力を高める作用、inotropic action(変力作用)から、ino(イノ)をとり、イノバンと命名したそうです。(出典:「イノバン」インタビューフォーム)

イノバンの作用

イノバン(主成分 塩酸ドパミン)は、ショック状態などで循環機能が低下しているときに、心臓の機能を高めるために使われる薬です。イノバンの主成分であるドパミンは、心臓のドパミン受容体というタンパク質を刺激して、心臓の筋肉の収縮力を強めます。

スポンサードリンク

塩酸ドパミンの構造式

お薬の名前の由来TOP