×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イムラン

イムラン(グラクソ・スミスクライン、主成分 アザチオプリン)は、臓器移植のときに生じる拒絶反応を抑制するための免疫抑制剤です。またイムランは、クローン病や潰瘍性大腸炎などでみられる難治性の炎症の進行を止めるためにも使われます。イムランは、体内で6-メルカプトプリンというDNAの合成をじゃまする物質に変化し、免疫系細胞の過剰な反応、増殖を抑えます。

イムランの名前の由来
イムランは、免疫抑制剤であることから、免疫を表わすImmuno-(イムノ)にちなんで、イムランと命名したそうです。

スポンサードリンク
イムラン(アザチオプリン)の構造式
イムラン(アザチオプリン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「イ」ではじまる薬>イムラン

       




プライバシーポリシー