×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イムネース

イムネース(塩野義製薬、主成分テセロイキン(遺伝子組換え))は、腎臓がんや血管肉腫(血管のがん)の治療に用いられる薬です。イムネースは、免疫系の細胞であるリンパ球(T細胞、NK細胞)に結合して、これらの細胞の働きを活発にし、キラー細胞というがん細胞への攻撃細胞とすることで、がん細胞を殺します。


イムネースの名前の由来
イムネースが免疫力を強めることから、免疫(Immuno)増強作用をもつ生理活性物質の切り札(Ace)という意味をこめて、イムネースと命名されたそうです。

スポンサードリンク
イムネース(テセロイキン)の構造式
イムネース(テセロイキン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「イ」ではじまる薬>イムネース

       




プライバシーポリシー