×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イソメニール

イソメニール(科研製薬、主成分dl-塩酸イソプロテレノール)は、体の平衡感覚(バランス)をコントロールする内耳という器官の異常によるめまいを抑えるための薬です。内耳は、耳の中の鼓膜より内側の部分にあります。内耳のなかにはリンパ液という液体が入っていて、このリンパ液の動きを脳が感知することで、平衡感覚が起こります。メニエール病などの病気では、内耳の働きに異常があるため、平衡感覚が狂い、めまいを起こします。イソメニールは、この内耳の異常をなおすことで、めまいを抑えます。

イソメニールの名前の由来
イソメニールは、メニエール病などで起こるめまいの治療に使われるため、主成分のイソプロテレノールIsoproterenolとメニエール病Meniere diseasemという言葉を組み合わせて、イソメニールと命名されたそうです。

スポンサードリンク

イソメニール(dl-塩酸イソプロテレノール)の構造式
イソメニール(dl-塩酸イソプロテレノール)の構造式



お薬の名前の由来TOP「イ」ではじまる薬>イソメニール

       




プライバシーポリシー