「イノレット」の名前の由来とは?

「イノレット」(主成分ヒトインスリン)という商品名が、どのような意味から命名されたか、イノレットがどのような作用を持つか、についてまとめました。

「イノレット」の名前の意味

イノレットは患者さんが自分で注射するインスリン製剤なのですが、簡単に投与ができるよう改良されているので、英語で改良を表すInnovationとデンマーク語で簡単を意味するLetを組み合わせて、イノレットと命名したそうです。(出典:「イノレット」インタビューフォーム)

イノレットの作用

イノレット(主成分ヒトインスリン(遺伝子組換え))は、糖尿病治療に用いられるインスリン製剤です。インスリンは、血糖値の調節をするホルモンで、インスリンがなくなると糖尿病になってしまいます。イノレットは、糖尿病の中でも膵臓のインスリン合成機能が弱まるタイプ(I型糖尿病)に用いられ、足りなくなったインスリンを補充するための薬です。

スポンサードリンク

ヒトインスリンの構造式

お薬の名前の由来TOP