×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウルソ

ウルソ(三菱ウェルファーマ、主成分ウルソデオキシコール酸)は、胆石を溶かしたり、肝臓の機能を改善するための薬です。ウルソの主成分であるウルソデオキシコール酸は、熊胆(ゆうたん、くまのい)という、熊の肝臓からできた漢方薬の成分です。

ウルソの名前の由来
ウルソは、熊の肝臓からできた漢方薬の成分であるので、ラテン語で「熊」を表す「ウルサス」という言葉からウルソと命名したそうです。

スポンサードリンク
ウルソ(ウルソデオキシコール酸)の構造式
ウルソ(ウルソデオキシコール酸)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ウ」ではじまる薬>ウルソ

       




プライバシーポリシー