×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウルグート

ウルグート(塩野義製薬、主成分塩酸ベネキサート ベータデクス)は、胃潰瘍などの胃の粘膜の障害を治療するための薬です。ウルグートは、胃への血流を増やすことで胃粘膜の修復を助けたり、胃の粘液の原料となるタンパク質の合成を増やしたり、胃粘膜を保護するための物質であるプロスタグランジンの量を増やしたりして、胃の粘膜の修復を助けます。

ウルグートの名前の由来
ウルグートは胃潰瘍の治療薬なので、ウルクス(Ulcus:潰瘍)にグート(gut:よく効く)という意味を込めて、ウルグートと命名 されたそうです。

スポンサードリンク

ウルグート(塩酸ベネキサート ベータデクス)の構造式
ウルグート(塩酸ベネキサート ベータデクス)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ウ」ではじまる薬>ウルグート

       




プライバシーポリシー