×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウラリット

ウラリット(日本ケミファ、主成分クエン酸カリウム)は、痛風の患者さんの、尿の酸性度を下げるために用いられる薬です。痛風の患者さんでは、血液や尿中の尿酸の濃度が高くなって酸性度が上がることにより(アシドーシス)、尿酸が溶けきれなくなって析出し、尿路結石などが生じやすくなります。ウラリットは、体内で分解され、酸性の原因である水素イオンを中和して、体内の酸性度を下げ、尿酸を溶けやすくする働きを持っています。

ウラリットの名前の由来
ウラリットは尿酸を解けやすくすることから、Urat(尿酸塩)をLysis(溶解)する、という意味をこめて、ウラリットURALYTと命名したそうです。

スポンサードリンク

ウラリット(クエン酸カリウム)
ウラリット(クエン酸カリウム)




お薬の名前の由来TOP「ウ」ではじまる薬>ウラリット

       




プライバシーポリシー