×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エコリシン

エコリシン(参天製薬、主成分ラクトビオン酸エリスロマイシン、コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)は、結膜炎など、目に細菌が入って起こる感染症の治療薬としても散られる薬です。エコリシンは、エリスロマイシンとコリスチンという、異なる抗菌メカニズムを持つ2つの抗生物質を組み合わせることで、多くの細菌に対する抗菌作用を示します(エリスロマイシンは細菌のタンパク質を合成する能力を奪い、コリスチンは細菌の表面の細胞膜を壊すことで、それぞれ抗菌作用を示します)。

エコリシンの名前の由来
エコリシンは、エリスロマイシンとコリスチンを含む薬であることから、エリスロマイシンの「エ」と「シン」、コリスチンの「コリ」をとって、「エコリシン」と命名されたそうです。


スポンサードリンク

エコリシン(ラクトビオン酸エリスロマイシン)の構造式
エコリシン(ラクトビオン酸エリスロマイシン)の構造式
エコリシン(コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)の構造式
エコリシン(コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「エ」ではじまる薬>エコリシン

       




プライバシーポリシー