×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エポジン

エポジン(中外製薬、主成分エポエチン ベータ(遺伝子組換え))は、腎臓の働きが低下することでおきる貧血(腎性貧血)を治療するための薬です。腎臓からは、赤血球の産生をコントロールするタンパク質、エリスロポエチンが分泌されています。腎臓の働きが低下すると、腎臓からエリスロポエチンが分泌されなくなるので、体内の赤血球の産生ができなくなり、貧血症状を起こします。エポジンは、遺伝子組み換え技術により作られたヒトのエリスロポエチンで、エリスロポエチンのを補充することで、腎性貧血を治療します。

エポジンの名前の由来
エポジンは遺伝子組み換え技術により作られたヒトのエリスロポエチンであることから、erythropoietin(エリスロポエチン)とGene(遺伝子)を組み合わせt、エポジンと命名されたそうです。


スポンサードリンク





お薬の名前の由来TOP「エ」ではじまる薬>エポジン

       




プライバシーポリシー