エビプロスタット

エビプロスタット(日本新薬、主成分オオウメガサソウエキス、ハコヤナギエキス、セイヨウオキナグサエキス、スギナエキス、精製小麦胚芽油)は、前立腺肥大症によっておこる排尿困難を治療するための薬です。前立腺は男性にのみある臓器で、膀胱から出る尿道を取り囲んでいます。前立腺肥大症では、前立腺が大きくなって、尿道が狭くなり、尿が出にくくなったり、尿が出し切れなくなって尿の回数が増えたります。
エビプロスタットの詳しい作用メカニズムはわかっていないのですが、エビプロスタットは膀胱の収縮を止めて尿の回数を減らしたり、尿道を緩めて尿が流れ出やすくする働きを持っています。

エビプロスタットの名前の由来
エビプロスタットは、ドイツのEvers 社から輸入した前立腺肥大症治療薬であることから、Evers 社のEvi とProstata(ドイツ語で前立腺)を組み合わせ、エビプロスタットと命名されたそうです。


スポンサードリンク




お薬の名前の由来TOP「エ」ではじまる薬>エビプロスタット

       




プライバシーポリシー