×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エンピナース

エンピナース(科研製薬、主成分放線菌Streptomyces griseus の産生するタンパク分解酵素プロナーゼ)は、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)での鼻のつまりの治療や、気管支炎、肺結核、気管支喘息のときにおこる痰を出しやすくするために使われる薬です。エンピナースは、鼻水や痰の粘り気の原因であるムチンなどのタンパク質を強力に分解する作用をもっており、鼻水や痰を体外に出しやすくします。またエンピナースには、炎症を抑える作用もあります。

エンピナースの名前の由来
エンピナースは、プロナーゼを成分とする蓄膿症の薬なので、empyema(蓄膿)+pronase(プロナーゼ)の下線部をあわせてエンピナースempynaseと命名したそうです。


スポンサードリンク




お薬の名前の由来TOP「エ」ではじまる薬>エンピナース

       




プライバシーポリシー