×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オーグメンチン

オーグメンチン(グラクソ・スミスクライン、主成分 アモキシシリン、クラブラン酸カリウム)は、ブドウ球菌や大腸菌、淋菌などの細菌に対する抗菌作用をもつ抗生物質アモキシシリンと、アモキシリンが細菌によって分解されるのをふせぐ作用を持つクラブラン酸カリウムを組み合わせた薬です。クラブラン酸カリウムは、細菌がアモキシリンに対する薬剤抵抗性をもつ原因となる酵素、βラクタマーゼの働きを阻害するタメの薬です。

オーグメンチンの名前の由来
オーグメンチンは、アモキシシリンの抗菌力を増強した(Augment)抗生剤であることから、オーグメンチンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

オーグメンチン(アモキシシリン)の構造式
オーグメンチン(アモキシシリン)の構造式
オーグメンチン(クラブラン酸カリウム)の構造式
オーグメンチン(クラブラン酸カリウム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「オ」ではじまる薬>オーグメンチン

       




プライバシーポリシー