×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オラセフ

オラセフ(グラクソ・スミスクライン、主成分 セフロキシム アキセチル)は、ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎菌。大腸菌などによっておこる感染症の治療薬です。オラセフは、セフェム系と呼ばれる抗生物質で、細菌の細胞を構成する細胞壁を作れないようにして、殺菌作用を示します。

オラセフの名前の由来
オラセフは、セフェム系抗生物質の飲み薬(経口剤)であることから、経口(Oral )とセフェム(Cephem)を組み合わせた、オラセフ(Oracef)と命名したそうです。

スポンサードリンク

オラセフ(セフロキシム アキセチル)の構造式
オラセフ(セフロキシム アキセチル)の構造式




お薬の名前の由来TOP「オ」ではじまる薬>オラセフ

       




プライバシーポリシー