×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カンテック

カンテック(第一三共、主成分マロチラート)は、肝硬変などで低下した肝臓の機能を改善するための薬です。カンテックは、肝臓の細胞に働きかけて、肝臓がタンパク質を合成する能力を高め、肝臓の細胞を元気にします。また、肝硬変の進行による肝臓の細胞が病的な状態に変化する繊維化という現象を抑える働きもあります。

カンテックの名前の由来
カンテックは肝臓がタンパク質を合成する能力を高める働きをもつことから、肝臓のカンにちなんでカンテックと命名されたそうです(カンテックのテックはTechnicのテク??)。

スポンサードリンク

カンテック(マロチラート)の構造式
カンテック(マロチラート)の構造式



お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>カンテック




プライバシーポリシー