×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カコージン

カコージン(日本製薬、主成分塩酸ドパミン)は、心臓の機能低下や大量出血によっておこるショック(急性循環不全)の治療に用いられる薬です。カコージンは、心臓の収縮力を高めて血圧を上げたり、腎臓や腸への血液の供給を高めることで、ショック症状を改善させます。

カコージンの名前の由来
カコージンは心筋の収縮力を高めたり、腎臓への血流量の増加や心臓からの血液の拍出量を増加させて血圧を上昇させる作用を持つことから、「下降(カコー)した心(シン)機能、腎(ジン)血流量を改善する塩酸ドパミン製剤」という意味でカコージンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

カコージン(塩酸ドパミン)の構造式
カコージン(塩酸ドパミン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>カコージン

       




プライバシーポリシー