×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カタプレス

カタプレス(日本ベーリンガーインゲルハイム、主成分クロニジン塩酸塩)は、血圧を下げるための薬です。カタプレスは、血管を収縮させる働きをもつ交感神経の働きを弱めることで、血管を弛緩させて血圧を下げます。カタプレスは、交感神経の表面にある、α2アドレナリン受容体というタンパク質を活性化することで交感神経の働きを弱めます。

カタプレスの名前の由来
カタプレスは血圧を下げる作用をもつことから、Cut-Pressure(切る+圧力(血圧))という意味をこめて、カタプレスと命名したそうです。

スポンサードリンク

カタプレス(クロニジン塩酸塩)の構造式
カタプレス(クロニジン塩酸塩)の構造式



お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>カタプレス

       




プライバシーポリシー