×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カルスロット

カルスロット(武田薬品工業、主成分マニジピン塩酸塩)は、血圧を下げるために用いられる薬です。カルスロットは、血管の筋肉の収縮に関係する、カルシウムチャネルというタンパク質の働きを抑えることで、全身の血管を広げて血圧を下げる作用があります。血管の筋肉の収縮は、細胞表面のカルシウムチャネル(チャネル;細胞にあいた穴のようなもの)が開き、カルシウムが細胞の中に流れ込むのがきっかけで起こります。カルスロットは、このカルシウムチャネルに結合することで、カルシウムが細胞の中に流れ込むのを防ぎます。

カルスロットの名前の由来
カルスロットは、カルシウムチャネルの働きを抑える薬(カルシウム拮抗剤)。カルはカルシウム拮抗剤(Calcium antagonist)、 スロットは:Slot (細長い小さな穴、細孔)をそれぞれ表しており、Ca2+の通路スロット〔チャネル(小さな孔)〕にがっちりと結合するカルシウム拮抗剤という意味をこめて、カルスロットと命名したそうです。

スポンサードリンク

カルスロット(マニジピン塩酸塩)の構造式
カルスロット(マニジピン塩酸塩)の構造式



お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>カルスロット

       




プライバシーポリシー