×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キネダック

キネダック(小野薬品、主成分エパルレスタット)は、糖尿病のときにおこる神経障害(しびれ、痛み)を治療するための薬です。キネダックは、神経細胞にあるアルドール還元酵素という酵素の働きを抑え、神経にとって毒であるソルビトールという物質が出来るのを防ぎます。

キネダックの名前の由来
キネダックが使われる糖尿病性神経障害のときには、運動機能がうまく働かないことから、「運動(上)の、動的な」の意味を持つ“キネティック(kinetic)”を元にして、キネダックと命名したそうです。

スポンサードリンク

キネダック(エパルレスタット)の構造式
キネダック(エパルレスタット)の構造式



お薬の名前の由来TOP「キ」ではじまる薬>キネダック

       




プライバシーポリシー