×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キシリット

キシリット(扶桑薬品、主成分キシリトール)は、糖尿病の患者さんに糖分補給やエネルギー補給をするための薬です。キシリットは、細胞の中に入って、ブドウ糖などと同様に細胞のエネルギー源になります。ブドウ糖は、細胞に入るためにインスリンの働きが必要なのですが、キシリットはインスリンが必要としません。そのために、キシリットは、インスリンの働きが悪くなっている糖尿病の患者さんの細胞に、効率よく入ることができます。

キシリットの名前の由来
キシリットの主成分であるキシリトールのドイツ語読み、にちなんでキシリットと命名したそうです。


スポンサードリンク

キシリット(キシリトール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「キ」ではじまる薬>キシリット

       




プライバシーポリシー