×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キプレス

キプレス(杏林製薬、主成分モンテルカストナトリウム)は、気管支喘息の治療に用いられる薬です。キプレスは、気管支が収縮したり、気管支に粘液を分泌させる働きを持つロイコトリエンという生体内の物質の働きを抑えることで、喘息の発作が起こるのを防ぎます。

キプレスの名前の由来
キプレスは、喘息の発作が起こらないような状態を維持する薬であることから、キープ(維持)+レスト(寛解期:喘息の発作が起こらない期間)で、キプレスと命名したそうです。

スポンサードリンク

キプレス(モンテルカストナトリウム)の構造式
キプレス(モンテルカストナトリウム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「キ」ではじまる薬>キプレス

       




プライバシーポリシー