×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キョーフィリン

キョーフィリン(杏林製薬、主成分アミノフィリン)は、気管支喘息などでおこる呼吸困難の治療に用いられる薬です。またキョーフィリンは、心臓の機能が低下した心不全の際の治療にも使われます。
キョーフィリンは、気管支や心臓の筋肉細胞の中にあるフォスフォジエステラーゼというタンパク質の働きを抑える作用があります。フォスフォジエステラーゼには、気管支の筋肉の弛緩や心臓の筋肉の収縮に関わる生体内物質、cAMPを分解する働きがあります。そのため、キョーフィリンでフォスフォジエステラーゼの作用が止まると細胞内のcAMPが上昇し、気管支が弛緩して呼吸が楽になったり、心臓の働きが向上したりします。

キョーフィリンの名前の由来
キョーフィリンは杏林製薬が発売するアミノフィリンであることから、杏林のきょうと、アミノフィリンのフィリンをつなげて、キョーフィリンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

キョーフィリン(アミノフィリン)の構造式
キョーフィリン(アミノフィリン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「キ」ではじまる薬>キョーフィリン

       




プライバシーポリシー