×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クラリシッド

クラリシッド(アボット ジャパン、主成分クラリスロマイシン)は、さまざまな細菌に対して抗菌作用を示す抗生物質です。クラリシッドは、感染症の治療のほか、胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除菌にも使われます。クラリシッドは、細菌がタンパク質を合成するのを防ぐことで、抗菌作用を示します。

クラリシッドの名前の由来
クラリシッドは殺菌作用を持つ薬なので、主成分クラリスロマイシンの下線の部分と、Bactericidal(殺菌作用)のcidをあわせて、クラリシッドと命名したそうです。

スポンサードリンク

クラリシッド(クラリスロマイシン)の構造式
クラリシッド(クラリスロマイシン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ク」ではじまる薬>クラリシッド

       




プライバシーポリシー