×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ケルロング

ケルロング(三菱ウェルファーマ、主成分 塩酸ベタキソロール)は、高血圧や狭心症の治療に使われる薬です。ケルロングは、末梢の毛細血管を拡張させて、血圧を下げます。また、ケルロングは、心臓や血管にあるβ1アドレナリン受容体というタンパク質の働きを抑えます(このような薬をβblocker(βブロッカー)とよびます)。β1アドレナリン受容体は心臓の働きを活性化する働きがあるので、ケルロングは、狭心症の心臓に対しては、心臓の動きを鎮め、保護作用を示します。

ケルロングの名前の由来
ケルロングのケルは、β -blockerの ker から、ロングは、Long acting(長時間作用が持続する)からそれぞれとり、「長時間作用型のβ blocker」という意味をこめて、ケルロングと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ケルロング(塩酸ベタキソロール)の構造式
ケルロング(塩酸ベタキソロール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ケ」ではじまる薬>ケルロング

       




プライバシーポリシー