×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コントミン

コントミン(三菱ウェルファーマ、主成分 ヒベンズ酸クロルプロマジン)は、統合失調症などの精神活動が不安定なときに用いられる薬です。コントミンは、脳の中の様々な神経伝達物質の働きを抑制することで、不安や興奮などの症状を抑える薬です。

コントミンの名前の由来
コントミンの作用として、コンコンと眠るというところから「コン」、元々の開発会社である吉富製薬(ヨシトミセイヤク)から「トミ」、構造式の中にあるアミン構造から「ミン」をとり、これらを組み合わせて、コンコンと眠る吉富のアミンという意味を込め、コントミンと命名したそうです。

スポンサードリンク

コントミン(ヒベンズ酸クロルプロマジン)の構造式
コントミン(ヒベンズ酸クロルプロマジン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「コ」ではじまる薬>コントミン

       




プライバシーポリシー