サプレスタ

サプレスタ(大鵬薬品、主成分アラニジピン)は、高血圧の治療に用いられる薬です。サプレスタは、血管の収縮に関与するタンパク質、カルシウムチャネルの働きを止め、血管の収縮を抑えることで血圧を下げる作用を示します。

サプレスタの名前の由来
サプレスタは血圧を下げる作用をもつことから、血圧をサプレス(suppress,;低下)するという意味をこめて、サプレスタと命名されたそうです。

スポンサードリンク

サプレスタ(アラニジピン)の構造式
サプレスタ(アラニジピン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「サ」ではじまる薬>サプレスタ

       




プライバシーポリシー