×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジゾペイン

ジゾペイン(三菱ウェルファーマ、主成分 モフェゾラク)は、様々な炎症(手術後、抜歯後、外傷後)の痛みや、腰痛の治療に用いられる薬です。ジゾペインは、炎症の原因となるプロスタグランジンという物質を合成する酵素、シクロオキシゲナーゼ(cyclooxygenase;COX)の働きをおさえることで、炎症を鎮めます。ジゾペインのような薬をCOX阻害薬と呼んでいます。

ジソペインの名前の由来
ジゾペインは、鎮痛薬、つまり、痛み(pain)をとる(dis)という薬ということから、ジソペインdisopain と命名したそうです。

スポンサードリンク

ジソペイン(モフェゾラク)の構造式
ジソペイン(モフェゾラク)の構造式



お薬の名前の由来TOP「シ」ではじまる薬>ジソペイン

       




プライバシーポリシー