×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シナール

シナール(塩野義製薬、主成分アスコルビン酸)は、ビタミンCの製剤で、ビタミンCの補給や、皮膚のしみ(色素沈着)をとるために使われます。シナールは、しみの色の元であるメラニン色素ができるのを止めたり、メラニン色素の色を消したり(還元)することで、しみをとると考えられています。

シナールの名前の由来
シナールは、しみを取って肌を白くすることから、ビタミンC(シー) + nal:(肌が)白くなる→しろなる→しなーる、というイメージで、シナールと命名されたそうです。

スポンサードリンク

シナール(アスコルビン酸)の構造式
シナール(アスコルビン酸)の構造式




お薬の名前の由来TOP「シ」ではじまる薬>シナール

       




プライバシーポリシー