×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジメリン

ジメリン(塩野義製薬、主成分アセトヘキサミド)は、糖尿病の患者さんの血糖値を下げるために用いられる薬です。ジメリンは、膵臓のβ細胞という細胞を刺激して、血糖値を下げる働きを持つインスリンというホルモンを分泌させることにより、血糖値を低下させます。


ジメリンの名前の由来
ジメリンは糖尿病の治療薬であることから、糖尿病という意味のDiabetes mellitus(糖尿病)からDiとmeliをとり、語呂の調整にnを入れて、ジメリンDimelinと命名されたそうです。


スポンサードリンク

ジメリン(アセトヘキサミド)の構造式
ジメリン(アセトヘキサミド)の構造式



お薬の名前の由来TOP「シ」ではじまる薬>ジメリン

       




プライバシーポリシー