シプキサノン

シプキサノン(東和薬品、主成分塩酸シプロフロキサシン)は、さまざまな細菌によって起こる感染症を治療するための薬です。シプキサノンは、細菌が細胞分裂するときにDNAを合成するために必要となる酵素「DNAジャイレース」の働きを止めることで、細胞の増殖を止め、最終的には細菌を壊してしまい殺菌作用を示します。ちなみに、シプキサノンはシプロキサン(バイエル薬品)のジェネリック医薬品となっています。

シプキサノンの名前の由来
シプキサノンの主成分である「シプロフロキサシン」と、シプロフロキサシンの構造の一部である「フッ化キ」の2つの単語の下線部を結びつけることで、シプキサノンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

シプキサノン(塩酸シプロフロキサシン)の構造式
シプキサノン(塩酸シプロフロキサシン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「シ」ではじまる薬> シプキサノン

       




プライバシーポリシー